第12回野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞、同推進賞 推薦のお願い

標記の表彰は、2018年度に第12回目を迎えることとなりました。
今回も各賞の推薦を会員のみなさまより募集いたします。
本賞の発展にご協力くださいますよう、多くのご推薦をお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

■賞の内容
◆野上紘子記念アート・ドキュメンテーション学会賞
『アート・ドキュメンテーション研究』、『アート・ドキュメンテーション通信』、その他の雑誌に掲載の論文・記事、図書、データベース、展覧会、ウェブサイトのなかから優れたものを選出。会員に限らない。対象となる論文・記事、図書、展覧会は、受賞年の前年度を含む過去3年間に発表されたものとする。(※今回は2015年度〜2017年度のものが対象となります。)
◆野上紘子記念アート・ドキュメンテーション推進賞
アート・ドキュメンテーション関係業務の現場において、効果的かつオリジナリティを発揮した者あるいは機関を選出。会員に限らない。

■推薦要領
つぎの事項について明記し、下記推薦先までお送り下さい。
自薦・他薦は問いません。
専用の推薦用紙もご用意しています。ダウンロードしてお使い下さい。>Excel
 >PDF

  1)賞の名前(学会賞、あるいは推進賞)
  2)被推薦者名・機関名
  3)推薦理由 ※まずは被推薦者・機関をご紹介いただく、簡単な内容で結構です
  4)ご推薦者名 ※JADS会員に限ります
  5)ご推薦者の連絡先 ※電話、ファックス、E-MAIL いずれかで結構です
  6)推薦資料 ※著書・論文の場合は書誌情報を、インターネット上の資料はURLをお知らせ下さい

■推薦・問合先
アート・ドキュメンテーション学会 事務局 宛
〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル9F (株)毎日学術フォーラム内
TEL:03-6267-4550
E-mail:maf-jads@mynavi.jp  ※E-MAILの際は、件名を「第12回野上賞推薦」として下さい

■推薦締切日
2018年3月末日 4月20日・金曜日(延長)

■受賞者の決定
推薦を受けた候補者の中から、選考委員会(選考委員長 鷲見洋一)が選出します。該当者のない場合もあります。
各賞の受賞者には年次大会時に、賞状・トロフィー・副賞を授与します。

■本賞のなりたち
本賞は、本学会の前身であるアート・ドキュメンテーション研究会発足の当時から会員であった野上紘子さんのご遺族からの寄付金200万円を基に設立されました。野上紘子さんはご生前、美術古書店リブロダールを経営されており、当時の研究会の整理WGに熱心に参加されていました。

■過去の授賞
過去11回の受賞者と受賞対象は野上賞のページでご覧いただけます。 >リンク