第10回秋季研究集会のご案内

2008年度に新設された秋季研究発表会は、内容の充実にあわせ秋季研究集会と名称を変え、ますます活発な議論の場となってまいりました。
10回目となる今年度は、2017年11月19日(日)に印刷博物館(東京)を会場として開催いたします。
今回は公募研究発表会に加え、「音楽学における資料図書館とアーカイヴ」をテーマとした企画セッションと、「キンダーブックの90年-童画と童謡でたどる子どもたちの世界-」展の見学および担当学芸員によるレクチャーも行います。
皆様ふるってご参加ください。

■開催日・会場
日時:2017年11月19日(日)10:30頃から17:30頃
会場:印刷博物館 http://www.printing-museum.org
   〒112-8531 東京都文京区水道1丁目3-3
<江戸川橋駅>
地下鉄有楽町線より8分
<飯田橋駅>
JR総武線、地下鉄有楽町線、地下鉄東西線、地下鉄南北線、地下鉄大江戸線より13分
<後楽園駅>
地下鉄丸ノ内線、地下鉄南北線より10分

■申込方法
以下のフォームからお申し込みください。(定員80名) https://goo.gl/pW1eBS

■参加費
正会員参加費: 1,500円
非会員参加費: 2,000円

■懇親会会場・会費
会場:カジュアルイタリアン・ピッツァ・ワイン 金のオリーブ(KUON)
https://r.gnavi.co.jp/g852400/
飯田橋駅より1分
会費: 5,000円(学生4,500円)

■プログラム  ※詳細は確定しだい、修正いたします。

【10:35−10:40 開会の挨拶】 前田富士男(アート・ドキュメンテーション学会会長)

【10:40-12:15 第一部 企画セッション/招待講演+パネルディスカッション】
音楽学における研究図書館とアーカイヴ
林淑姫(旧日本近代音楽財団日本近代音楽館主任司書・事務局長)
音楽資料と図書館、アーカイヴ、ドキュメンテーション
平野昭(静岡文化芸術大学名誉教授・元慶應義塾大学文学部教授)
メディアとしての編曲版と作品としての編曲版:ベートーヴェン音楽を例として
パネルディスカッション 林淑姫 平野昭 司会:前田富士男(予定)

【13:15-14:05 第二部 印刷博物館レクチャー+見学】
[企画展示]キンダーブックの90年 -童画と童謡でたどる子どもたちの世界-

【14:15-17:20 第三部 一般セッション】
[発表1]和久井 遥(東京国立博物館学芸企画部博物館情報課情報管理室アソシエイトフェロー)
散発的にデジタル化したデータの管理手法について
[発表2]竹内 俊貴(九州国立博物館学芸部文化財課アソシエイトフェロー)
文化財情報システムを活用したウェブサイトでの情報公開と課題
[発表3]齋藤 歩(学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻博士後期課程)
建築レコードと著作権法:日本における権利制限に着目して
[発表4]寺師 太郎(凸版印刷株式会社文化事業推進本部技術開発部)
デジタル画像のリファレンスについて
[発表5]金子 貴昭(立命館大学アート・リサーチセンター)・山路 正憲(立命館大学アート・リサーチセンター)
テキストアノテーションシステムによる歴史資料(文献)の有機的活用 -江戸期出版記録を事例として
[発表6]赤間 亮(立命館大学アート・リサーチセンター)
R.Keyes, P.Morse編「北斎版画作品カタログレゾネ」WEB公開システムと前提環境

17:25頃 閉会の挨拶 古賀 崇(アート・ドキュメンテーション学会幹事長)