2020年度アート・ドキュメンテーション学会第13回秋季研究集会 オンライン開催のお知らせ

お知らせ:
新型コロナウィルス感染症の影響により、2020年度JADS秋季研究集会の通常開催は困難と判断し、開催方法を検討した結果、完全オンライン開催することと致しました。

年次大会に引き続く形のオンライン開催で、一堂に会する機会を楽しみにしておられた会員の方々には、残念なお知らせとなり恐縮です。
決定したことは随時メーリングリストやホームページにて皆様にお伝えいたします。

行き届かない点が出てき、皆さまにご不便をおかけしますこと、お詫び申し上げます。ご理解・ご協力のほど、また奮ってご参加のほど、お願い申し上げます。

                         2020年度 行事・企画委員会

2020年度アート・ドキュメンテーション学会第13回秋季研究集会

2008年度に新設された秋季研究発表会は、秋季研究集会と名称を変え、ますます活発な議論の場となってまいりました。13回目となる今年度は、2020年11月28日(土)に開催いたします。

■ 日時:
 2020年11月28日(土)10:00〜17:00

■ 参加方法:
 下記のPeatixリンクを通じてお申し込みください。
 > 申し込みフォーム
 ※ オンライン開催につき、参加者への諸連絡はメールにて行います。会員でメーリングリストに登録されていない方は、ご登録をお奨めします。

■ 参加費・資料代:
 JADS会員(正会員、学生会員、賛助会員、名誉会員):無料
 非会員:1,000円
 非会員(学生):500円

■ 予稿集:
 ※ 紙媒体の予稿集を発行しません。開催日までにHPに掲載する予定です。

■ プログラム:
 ※ 内容・プログラムは予定です。

10:00〜10:10 開会挨拶 赤間 亮(アート・ドキュメンテーション学会会長)

○ 特別企画「オンラインでミュージアム情報を伝えるとは」
10:10〜10:30 基調講演 田良島 哲(国立近現代建築資料館、東京国立博物館)
10:30〜10:50 講演   大橋 正司(サイフォン合同会社)
10:50〜11:10 講演   本間 友(慶應義塾大学アート・センター)
11:10〜11:15 休憩
11:15〜12:00 ディスカッション
          司会:鴨木 年泰(東京富士美術館)
          大橋 正司、田良島 哲、橋爪 勇介(美術手帖)、本間 友
12:00〜13:30 休憩

○ 野上賞
13:30〜14:00 野上賞授賞式
14:00〜14:10 休憩

○ 秋季研究集会(発表25分 質疑5分)
14:10〜14:40 発表1
 橘川 英規、田村 彩子、阿部 朋絵、江村 知子、山梨 絵美子(東京文化財研究所)
「葛飾北斎絵入り版本群・織田一磨文庫のオープンアクセス事業--ゲッティ研究所との協同による書誌情報国際発信の実践(古典籍書誌整備と資料保全)」

14:40〜15:10 発表2
 山路 正憲(立命館大学衣笠総合研究機構)、赤間 亮(立命館大学アート・リサーチセンター)
「ポータルデータベースシステムにおける多言語化・専門用語への対応事例について」

15:10〜15:40 発表3
 毛利 仁美(立命館大学大学院文学研究科)
「ゲーム関連資料組織化のための学年別学習雑誌のビデオゲーム記事分析」

15:40〜15:50 休憩

15:50〜16:20 発表4
 赤間 亮(立命館大学アート・リサーチセンター)
「舞台芸術資料のデジタルアーカイブ--商業演劇の広報出版物を中心に」

16:20〜16:50 発表5
 筒井弥生(筑波大学アーカイブズ)
「犬丸秀雄と学術資料収集」

16:50〜17:00 閉会挨拶 古賀 崇(アート・ドキュメンテーション学会幹事長)

■ お問い合わせ:
 アート・ドキュメンテーション学会 行事企画委員会
 jadsevent■gmail.com(■を@に変えてお送りください。事務局宛のメールや電話ではお問い合わせを受付しておりませんので、上記の実行委員会のアドレスまでメールでご連絡ください)


[アート・ドキュメンテーション学会 行事・企画委員会]